炒める

食の知識を深める

フードコーディネーターでは、食事の提供方法や空間のプロデュースなど飲食に関する全般に対し多くの知識が必要になる職業である。専門学校などで基礎知識を学習しつつ、資格を取得し経験を積んでいくことが重要な職業である。

詳しく見る

白衣の人

あらゆる面から判断しよう

フードコーディネーターの養成学校を選ぶときは、実践的なレッスンを多めに取り入れているか確認することが重要です。パンフレットやホームページだけ見て判断するのではなく、説明会やお試しレッスンに参加し、あらゆる面から比較検討することが大切です。

詳しく見る

野菜を切る

食のプロになりたい

料理の道のプロとして認められる人気の資格といえばフードコーディネーターです。独学でも習得できますが、学校に通いながら学んだほうが効率的かつ幅広い知識と技術を身につけられるため、こちらを選ぶ人の方が多い傾向にあります。

詳しく見る

資格がなくてもなれる仕事

調理

食の知識を身に付ける

フードコーディネーターになるための正式な資格はありませんが、民間資格としては日本フードコーディネーター協会が認定する資格認定試験があります。これを持っていればフードコーディネーターとして活躍する際には役に立ちます。試験は三つのレベルに分けられていて、プロとして活躍をするなら1級は欲しいところです。この資格を取るために基礎的な知識と実習も必要になってきます。最近は通信教育でも講座はありますが、時間に余裕があるならできれば調理について学ぶことが出来る専門学校に通う方が近道だと思われます。調理の専門学校は、一年課程と二年課程に大きく分けることが出来ます。授業カリキュラムをチェックしてみましょう。また、一言で調理の専門学校と行っても、様々な食分野の専門学校があります。また、他には大学や短大でも栄養・調理系の学科であればフードコーディネーターになることも可能です。学習範囲は広く、食についての知識からマーケティング、マネージメントの知識、スタイリング、ビジネスマインド、健康と安全への心配りなどです。フードコーディネーターは依頼者が求めていることを的確に理解しより良い物を作る提案力や、外注の場合は現場で色々な関係者と相談しながら仕事をしていく上でコミュニケーション能力も問われる仕事です。また雑誌やCMでは食品会社や広告会社が求めるテーマに応じてメニューを考案したり、撮影用に料理が美味しく見えるような様々な工夫をこらしたりと創造力が必要な仕事でもあります。ですから社会で培った経験や実績を生かし、社会人からフードコーディネーターに転職をする人も多いのです。自分の生活環境に合わせて通信教育、専門学校、大学、短大を選択してフードコーディネーターを目指しましょう。

コック

カリスマを目指して

CM撮影やドラマにも重宝され、レシピ本の発刊などでも活躍できるという点で、人気の資格といえばフードコーディネーターです。料理だけでなく、料理の魅せ方や味わい方を提案できるという部分は強みでもあり、女性を中心に取得したいという人が増えています。

詳しく見る

女性

食を演出する職業

フードコーディネーターになるためには、特別な資格や学歴が必要な仕事ではありませんが、一般的には民間資格となっています。しかしながら、民間の資格認定試験があることなどから食に関する専門的な知識は必要です。フードコーディネーターになることで様々な場所で活躍することが出来る職業です。

詳しく見る