食を演出する職業

女性

知識を身につける

日本では和食という食文化が世界的に認められるようになり、和食が世界遺産にも登録されました。また、ミシュランガイドをいう本にも多くの日本の飲食店が掲載されるようにもなり、ますます注目を浴びています。食の分野については日本でも様々な職業があり、フードコーディネーターなどが知られています。フードコーディネーターは、食のスペシャリストとして注目されている職業であり飲食店のメニュー開発やコンサルティングなどを行うことを仕事としている職業です。この職業は、テレビや雑誌などの各種メディアに掲載される料理を考えて調理や盛り付けを行ったりしています。また、料理を美しくおいしく見せるための盛り付け用の食器や周辺の小物の演出を行ったりすることも可能であり、各種の料理教室を運営したりすることが出来る職業で、仕事はとても幅広いものとなっています。フードコーディネーターになるためには、特別な資格や学歴が必要な仕事ではありません。調理系の専門学校で学ぶことが一般的であり、そこの専門学校で食に関する専門的な知識を学ぶこと必要であると考えます。フードコーディネーターになるための職に関する専門学校の入学等の費用については、各学校により異なるために一概には言うことはできません。また、各学校により就学期間についても異なりますので、事前に調べておく必要があると考えます。また、民間資格への受験については受験料が必要となりこちらは約1万円以上、協会によっては登録料が必要な場合もありますので、やはり事前調査が必要です。