あらゆる面から判断しよう

白衣の人

実践的なレッスンが多いか

フードコーディネーターになるための養成コースやスクールは数多く存在します。スクールによってカリキュラムや学費、雰囲気などに違いがあるので、自分が目指しているものに適しているか、自分の希望に合っているか、しっかりと見極めることが重要です。フードコーディネーターが活躍するフード業界では、現場ですぐに即戦力になれる方が求められます。フードコーディネーターの学校を選ぶ時は、実践的なレッスンを多めに取り入れているか必ず確認するようにしましょう。講座を受講するだけの座学の授業が多い学校の場合、資格だけ取得できても実際の現場ですぐに働くのは難しくなります。フードコーディネーターの学校の授業料は安いものではないので、現場で通用する能力が身に付かないカリキュラムだった場合、お金と時間の無駄になってしまいます。また、学校のパンフレットやホームページだけを判断材料にすると、学校選びを失敗する可能性があります。パンフレットやホームページでは学校の良い面しか切り取っていない場合が多いので、デメリットが分かりづらくなっています。フードコーディネーターの養成スクールでは、無料の説明会やお試しレッスンを実施しているところもあります。実際の授業内容に沿ったレッスンを受けたり、カリキュラムの詳しい説明をしてもらえるなど、学校や講師の雰囲気を肌で感じることができます。良い面と悪い面を両方見て総合的に選べていれば、失敗のない学校選びができるでしょう。