食のプロになりたい

野菜を切る

一流をめざして

SNS映えする写真やブログ記事というのは目で見ていても楽しく、訴求効果が高いという点で、マーケティングの主戦力となりつつあります。とはいえこうしたツールで誰もが収入を得られるというわけではなく、センスが良い人やある分野に特化して専門知識を豊富に有している人などが発信者、あるいはインフルエンサーとなる傾向にあるのです。現在女性を中心に人気なのはフードコーディネーターで、食事を華やかに見せるコツや簡単な料理の紹介、またこうした仕事から自分の店をもつまでに成長する人も多くいます。資格にも様々な種類がありますが、フードコーディネーターは必ずしも学校に通わなければ取得できないというわけではありません。しかし、技能的な部分や実践的な知識をみにつけるという意味では学校に通って学ぶほうが効率的でしょう。料理の専門学校などに通いながらフードコーディネーターの資格を併用して取得するケースもあれば、フードコーディネーターの資格をとることを目的とした短期的なスクールもあります。料理の専門学校であれば食に対する知識を深められる上に、様々なアプローチを学ぶことができ、将来的にも活用できる知識や技術が身につけられるというメリットがあります。一方、短期的なスクールであれば費用と時間をぐっと抑えた上でフードコーディネーターの資格をすぐに取れるという良さもあるのです。自分が今後どのように展開していきたいかに合わせて学校選びをすることが重要なポイントになるでしょう。